【よく噛む】歯周病予防にも、メタボ予防にも!

昔から「よく噛んで食べなさい」「30回噛んでから飲み込みましょう」

なんて言われます。

これ、ホントです。

 

でも、実際何が良いのか知らない人も多いのでは?

 

1.唾液が良く出る=虫歯予防、歯周病予防

噛むと、口内にたくさん唾液が分泌されます。

これが良いのです。

唾液は「お口の掃除機」。

唾液の酵素が食べ物を細かく分解してくれて、

口内に食べカスが残りにくくなり、

結果として、口臭、虫歯、歯周病予防にもつながります!

 

2.メタボ予防にも!

よく噛むと、満腹中枢が刺激され、「満腹感」を得られます。

結果として、「食べすぎ」を抑制してくれるのです。

逆に言うと、早食いをすると、満腹感が脳に届く前に、「おかわり」をしちゃうので

つい食べすぎてしまうんですね。

 

食事はゆっくり、よく噛んで。

昔の人が言ってたことは、ちゃんと今でも正しいのです。