八丁堀歯科クリニック、安藤歯科クリニックです。

HPにアクセスいただきありがとうございます。

長年、歯科クリニックをやっていますと

様々な患者様にお会いします。

 

そこで、是非お伝えしたく思ったのが

「痛み」について。

やっかいなもので、この「痛い」と感じるのも人それぞれなのです。

「歯が痛い」といってご来院いただいた患者様の虫歯が、正直それほど大したことない、という場合もあれば

「そんなに痛くはないんだけど、違和感があるから来ました」という患者様が意外と

「もっと早く来ていただかなければ!」というステージの場合もあります。

 

スポーツで例えるなら、

軽くこけたくらいでものすごく痛がる人もいれば、

捻挫や打撲でも、そこまで痛がらないタイプの人もいます。

 

何が言いたいかといいますと

「我慢できるから大丈夫」という訳ではないということを知っていただきたいのです。

かすり傷や打撲など外傷の場合は、目で見てある程度判断できるかもしれません。(ハレてるとか、ハレてないとか、血が出てる、出てないなど)

虫歯の場合、一般の人が判断するには難易度が高くなります。

友達や家族の会話で

「歯が痛いの?」

「大丈夫?我慢できる?」

「我慢できるなら大丈夫だよ」

こうなってくるのが一番怖いです。

 

特に当院の専門であります「歯周病」はサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも呼ばれ、

本人が気づかないところで症状が進行していることがあります。

 

違和感は身体からのサインです。

痛い・痛くない、我慢できる・出来ないではなく

「あれ?おかしいな?」と思ったら、まずは医者に診てもらうのがベストです。