歯には、いくつもの層があるのですが

表面は「エナメル質」と呼ばれるものに覆われています。

エナメル質はなんとなく聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

そして一番奥の方に、根管とよばれる管があり、神経につながっています。

 

軽度な虫歯であれば、エナメル質の部分だけの治療ですむので比較的簡単に終わります。

人によっては、痛みも感じないレベルです。

 

ところが、虫歯が進行して神経に達するようになると非常に強い痛みを感じるようになります。

そこで感染拡大を防ぐために、神経をとったり、薬を詰めたりするわけですが、これを根管治療というのです。

ただし、イラストをご覧になっておわかりのとおり、根管は非常に小さく、かつ複雑です。

よって、症状が重いときには、根幹治療ではなく、抜歯をすることになるのはそのためです。

 

しかし、初期のうちに治療しておけば、

そのような大事になることはありません。

歯医者が「定期検診」を強く進めているのはそのためです。

 


八丁堀歯科クリニック・安藤歯科クリニック

ネット予約受付中