近年、多くの歯医者で

「(歯を)抜かない治療」という謳い文句が流行っています。

もちろん、極力抜かない方が、患者さんの負担も軽減できますし

歯科クリニックとしても極力そうしてあげたいものです。

 

ただ、1つ危険なのは「歯は(虫歯は)抜かなくてもいいんだ」という誤った認識が広まると危険です。

「抜いたほうがいい歯(治療)」というのも当然ありますので

大きく2つ、ご紹介します。

1)歯周病が進行している。歯がグラグラしている
2)既にボロボロの歯

 

1)歯周病が進行している。歯がグラグラしている

当院は特に、歯周病を得意としていますので、ここは申し上げておかなければなりません。

歯がグラグラしている場合は、既に最近が生息し、侵されてしまっています。

さらに、周りの健康な歯までも侵食されてしまう恐れがありますので

既にグラグラしている場合は、抜歯をお勧めいたします。

 

2)既にボロボロの歯

特に虫歯のケースですが。

軽度の虫歯であれば、表面を削ればよいのですが

根っこや歯茎にまで到達しているような虫歯や

既にボロボロになっている歯については

「1」と同様、他の被害を防ぐためにも、その歯は抜いたほうがいいです。