私の小さい頃は、
おばあちゃんや、学校の先生によく言われたものです。

「牛乳はよく噛んで飲みなさい」

って。
当時は不思議でなりませんでした。

 

要するに「ゆっくり飲め」ということ。

牛乳を飲むとお腹を下したり、ゆるくなったりしませんか?

口の中で、滞在時間を長くすることで、

冷たい牛乳を少しあたたまります。

それを少しずつ飲むと良い、というのが

「よく噛んで飲みなさい」という意味でしょうなあ。

 

ちなみに「噛む」という行為は、

このサイトでも何度も記事にしましたが、

肥満防止、ボケ予防、学習能力など、

さまざまな面で見直されている行為です。