当院(に限らないかもしれません。歯科クリニック全般)でよくあるのが
ご来院いただいた患者様のお
「毎日歯磨きしているのに」
「ちゃんと歯磨きやってるんですけど」
というものです。

もちろん、歯磨きはやらないより、やった方がいいに決まっています。
が、どれだけ丁寧に磨いても「磨き残し」はどうしても出てくるのが人間です。

歯ブラシの状態、食べたものの成分、その人の癖・・・などなど。
原因は様々なので、どれか1つを改善すればいい、というものでもないのが厄介なところ。
※場合によっては、歯磨きの行為自体が、歯や歯茎を傷つけている、という方もいらっしゃいます。

そして何より、少しくらい歯が痛くても
「歯を磨いているから大丈夫」
「虫歯になるはずない。何かの間違い(ほうっておいたら多分治る)」
というように、歯を磨いているが故の自信が、
治療を遅らせることもしばしばあります。

※磨いていない人の方が、歯が痛くなると「心当たりがある」ため
ご来院が早い、ということもマレにあります。。。

歯周病に至っては、痛みのないまま、少しずつ歯と歯茎をむしばんでいきます。

「痛み」を感じたときは、身体が危険を知らせるサインですので
早めに診察をお勧めします。
そして何より、定期的に歯科検診を受けて、
常に自分の歯の健康状態を知っておくことが、重症化を防ぐ何よりの近道です。

 


八丁堀歯科クリニック・安藤歯科クリニック