八丁堀歯科クリニック、安藤歯科クリニックです。

当院の専門は「歯周病」。

ということで、簡単に歯周病とは何か?というところをご説明いたします

 

そもそも歯周病の原因は?

歯周病の主な原因は、磨き残しなどから発生する歯垢(プラーク)です。
歯垢(プラーク)は細菌です。

歯と歯茎の隙間に潜んでいます。
だから、歯磨きをしても、なかなか取れないため、やっかいなのです。

最初は隙間の小さな存在が、少しずつ歯と歯茎をむしばんでいき、やがて歯を失ってしまったり、身体に健康被害を及ぼしたり。これが歯周病です。

 

歯周病は治るの?

歯周病は、早期発見・早期治療で治せます

歯周病と一口に言っても、ケースはさまざまです。
「サイレントキラー」と呼ばれるなど、確かに知らないうちに悪化してしまうことも多いのですが
だからこそ、定期的なメンテナンスをお勧めしております
歯周病は早期発見・早期治療で、人間の持つ自己治癒力で回復します

あとはご自宅でのケア「ホームケア」が歯周病を良くする近道です。
当院の患者さんの約7割はメンテナンスのためのご来院です。

 

歯周病は遺伝する?

歯周病そのものが遺伝するのではありません。性格や体質が似ることで、結果、歯周病になりやすいことはあります。

よく「●●という病気は遺伝する」というのは、都市伝説のように言われます。
そして歯周病も然り。

「歯周病って遺伝するの?」

この質問は結構患者様からいただきます。が、結論を申し上げると、歯周病そもののが遺伝するのではありません。体質や性格が親と似ることで、結果的に親が歯周病で、子も歯周病、というのはあり得ます。

どういうことか。例えば、あまり歯磨きをしない親御さんがいたとしましょう。その姿を見て育ったお子様は、「歯磨きしやくていいや」という性格で育ちます。結果として、親と同じような病気になったり、虫歯になったりするのです。それを世の中では「病気は遺伝する」ととらえているのかもしれません。

逆に、親御さんが歯磨きをしっかりし、定期検診もしっかり受ける姿を見ると、そのお子様も、歯磨きをしっかりし、定期検診をよくするように育つでしょう。是非、健康なお子様のためにも、お父さん、お母さんがお手本になってください^0^