歯は、どれだけ磨いても、意外と磨き残しは存在します。
お風呂場で、どれだけ隈なく掃除しても、
かならず1か所2か所磨き残しがあるような感じでしょうか。

食べ残しがまだやわらかいうちは「歯垢(しこう)」といって、
次に磨けば取れますが、
だんだん固まって、「歯石(しせき)」という、文字通り石のようになってくると
歯ブラシでは取れません。

放置しておくと、どんどん歯石は大きくなり、
炎症や腫れ、出血、いわゆる「歯周病」へとつながります。

これは、歯磨きではどうしようもないのです。
ですから定期検診をお勧めしております。

できれば半年に1回、くらいが理想ですが、
せめて年に1回ペースで歯科検診されますと
長い間、歯と歯の健康を維持することが可能になります。