八丁堀の歯科クリニック、安藤歯科クリニックです。

当院には、ご高齢の患者様も多くご来院いただいております。

(昔からのお付き合い。大変ありがたいことです!)

で、入れ歯(口に合わない、すぐはずれる、壊れているなど)の不具合でご来院いただく場合、なにげに

「いつからですか?」と伺うと

「結構前からです」「もうずっとこの状態です」

といった返事をいただくことが多いです。

どうしても、ずっと装着していると「体の一部」のような感覚があるのかもしれません。

しかし、「入れ歯は道具です」。

放っておいても治りません。(当然ですが・・・^^;)

 

かすり傷をしたり、捻挫をしたり、といった場合

放っておくと治ることもありますが、

入れ歯の不具合は、ずっと不具合のままです。

むしろ、放っておくと

「食事がおいしくない(食欲がわかない)」

「ふんばれない・転びやすい」

「認知症が進む」

など、さらに色々なところで支障が出てきます。

「噛む」という行為は、それくらい重要なことなのです。

 

「入れ歯、おかしいな」と思ったら、

すぐに歯科医院にご相談を!^^