食事をして、食べかすが歯に付着したものを「歯垢(しこう)」といいます。
みなさんが歯磨きでゴシゴシして汚れを落とすのは、この歯垢を落とす作業、といってもいいです。

 

ところが、歯磨きをしていても、磨き残し等の理由により、歯垢は残ってしまうことがあります。
お風呂掃除をしても、天井の隅っこに、磨き残しがる、みたいなものでしょうか。

 

これが固まったものを「歯石」といいます。

歯石は歯磨きでは取れません。

むしろ「歯磨きで取れるものを歯垢」「歯磨きでは取れないものを歯石」と言っているのです。

 

「毎日歯磨きをやっているから大丈夫」「歯ブラシでゴシゴシするから大丈夫」とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、

先のお風呂掃除の例でいうと、

たわし(=歯ブラシ)ではもはや落とせない黒ずんだ汚れは、

金属たわしなど特殊な器具でゴシゴシ磨かなければ取れないのと一緒です。

もちろん、お風呂は金属たわしでゴシゴシすればいい話ですが、

お口のなかはそうはいきません。

歯石をピンポイントで磨かないと、歯茎や口内を傷つけてしまうからです。

 

だからこそ、歯科医師や歯科衛生士による「専門的口腔ケア」が必要なのです。

 

放置しておいた歯石はどんどん固くなり、そして少しずつ蓄積されて増えていきます。

結果として、歯周病の原因になり、やがて悪化する、という悪循環です。

 

逆に言えば、歯石を除去しておけば、歯周病の予防にもなります。

日頃の歯磨きが第一、というのは間違いないのですが、

歯石は歯磨きでは取れない、ということも知っておいてください。