こちらの5項目のうち、1つでも当てはまったら
「乾燥」、つまり唾液の量が少ない(or減少)している証拠です。

□ 口がネバネバする
□ 水(ドリンク)がないと食べられない
□ 舌がヒリヒリする
□ 食事の味が変わった(好みが変わった)
□ 話しづらい

上記1つでも当てはまると、お口が乾燥(唾液が減っている)サインかもしれません。

 

【あごの周りをマッサージしましょう】

唾液が減って、口の中が乾燥するのは、あまり口内環境として望ましくないです。

なぜなら、唾液は菌をやっつけてくれる、とても大切な役割をもってるからです。

唾液が減ると口内に雑菌が増えてしまうのです。

 

さて、唾液が減ったときどうするか。

お家でできる簡単解決法。

アゴのまわりを、親指で軽くマッサージしてあげましょう。

アゴの周り(つまりベロの下あたり)はちょうど唾液の分泌を刺激する、ツボです。