健康な舌の色は、「淡いピンク(薄いい赤)」です。

 

しかし、健康状態や生活習慣により、舌はその色を変えます。

鏡でご自分の舌を見て「いつもと色が違う?」と思ったらご参考にしてください。

 

①白っぽい(白いものが付着)

舌に何か白っぽいものが付着しているあなた。
それは、食べかすのかたまりです。
ブラッシングなどで、ケアをしてください。

②白っぽい赤

ストレスか、あるいは身体に栄養が不十分などが考えられます。
一時的なものであれば問題ないですが、長期的に続いているようなら医師にご相談を。

③濃い赤

舌が乾燥していたり、身体に余分な熱がこもっていたり、あるいは血流(血管)に何か炎症があることもあります。
夏場は熱中症の懸念もありますので、ご注意を。

④黒っぽい

タバコなどの原因が考えられます。あるいは内服薬はホルモン薬などの影響による黒毛舌(こくもうぜつ)という症状。

気になるようであれば医師にご相談を。