日頃から、ちょっと気を付けるだけでも虫歯になりにくい、いわゆる「虫歯予防」を実現できます。
本当にちょっとしたことなので是非、実践してみてください。

1)よく噛む

ポイントは「唾液」です。
唾液は、口の中をお掃除してくれる(虫歯をやっつけてくれる)非常に重要な役割を担っています。
「噛む」という行為は、唾液の分泌を促します。
是非食事は、ゆっくり噛んでお召し上がりください。

2)鼻で呼吸する(口で呼吸しない)

「1」と同じく、こちらもポイントは「唾液」です。
口で呼吸をすると、口内が乾燥し、唾液の量が減ってしまいます。
鼻で呼吸をするようにしましょう。

3)アメよりガム(キシリトール100%)の方がおすすめ

口が寂しくなると、つい何か食べたくなったり、口に入れたくなりますよね。
アメは、口の中に糖分がずっと残っている状態で、虫歯の恰好のエサになります。
キシリトール100%のガムの方が、虫歯になりにくい、という意味ではオススメです。

4)間食を何度もしない

「2」に近いのですが、間食を短い時間に何度もすると、
アメと同じく、口の中にずっと「虫歯のエサ」が停滞している状態が続きます。
一度食事をして、口の中が中性に戻るのが2~3時間程度と言われています。

適度に間食は気分転換にもなるので、大変結構なのですが、
「間隔をあけて」お召し上がりください。