よく患者さんから「歯磨きって何分くらいすればいいのでしょうか?」

と質問を受けることがあります。

もちろん、だいたいの目安時間はあるのですが

時間に固執しすぎてもあまり意味がない、ということも申し上げておきないな、

というのが正直なところです。

どういうことか。

日々の癖によって、磨けている部分は磨けているけど、磨けていない部分は全く磨けていない」からです。

 

例えば、右利きの人は右下の裏側が磨けていないケースがかなり多いです。

いわゆる磨き残しです。

これは利き腕と、その人の癖によって自然に生じてくるものです。

よって5分磨こうと10分磨こうと、磨けていない部分はいつまでたっても磨けていません。

この部分を改善しないと、あまり時間に固執しても意味がないのです。

 

もし次回、歯医者に行く機会があれば

「どこが磨けていませんか?」

というような会話をしてみると、自分の癖がわかるかもしれません。

 


八丁堀から徒歩2分

安藤歯科クリニック